◎名誉代表挨拶

    名誉代表 松村 公市

 名誉代表をさせて頂いている認定NPO法人ポラーノの松村公市でございます。

 令和元年、広島ビジネス倶楽部開設10年、素晴らしい仲間たちと築いたこの10年間に及ぶ歴史に先ずは敬意と、感謝を表したいと思います。

会員各社においては、自らの発展成長を目指す為とは言え、広島ビジネス倶楽部愛を十分に発揮し、世話人会、月例会、各委員会、各同好会での活動に協力頂いてきた事が、会員250社に及ぼうとする源と成っていると確信しています。

組織を作ると直ぐに生まれるのが、仲の良い人達だけで出来る派閥です。

勿論、好き嫌いは人の常だけに必要不可欠の筈ですが。我が倶楽部に派閥は存在しません。何故かを考えるに、好き嫌いとビジネスの交流が交錯することで、好き嫌いを超越する仲間達の団体となっているのです。

令和元年、原点回帰し、更なる成長へのスタートを切るにあたり、「頼まれごとは、試されごと」の思いを共有しながら、信頼を更に醸成し、強く逞しく個々が発展することで広島ビジネス倶楽部が成長、発展し、広島が明るく、元気に、逞しい地域となる牽引力となることを期待し、共に努力をしてまいります。

しかし、現会員だけの努力では大きな貢献に繋がらないだけに、質の高い新会員を増やすことで。更に社会に大きな貢献が出来る倶楽部へと成長していきますので、何卒、広島ビジネス倶楽部にご指導ご鞭撻をお願いいたします。

◎代表挨拶

  代表 新宮 且織  

  代表をさせて頂いております。株式会社ガレージ・ケイアンドケイの新宮且織です。

 2019年は『原点回帰(当時の気持ちを思い出して、一から頑張ろう)』を掲げます。

昨年度に掲げた、ボトムアップで更に成長できる広島ビジネス倶楽部を目指して!!と言うテーマに向けて。昨年度は、会員同士個々の繋がりをより強固なものにするべく、5つの委員会活動や同好会活動に注力してまいりました。

現在の会員数は237社と伸び悩んではいますが、昨年の総会では三重ビジネス倶楽部・愛媛ビジネス倶楽部との友好倶楽部調印式も行い、また、今年5月13日には東広島ビジネス倶楽部の設立準備総会も地元東広島に拠点を置く38社の方が参加し開催され、我々広島ビジネス倶楽部の仲間の輪は確実に広がりを見せています。

今年度の記念講演は、中村文昭さんによる「お金ではなく、人のご縁ででっかく生きろ」です。この講演は2013年2月28日に聞いた内容と全く同じテーマですが、あえて同じ内容を選びました。

実は我々広島ビジネス倶楽部は、知らない方もいるかと思いますが、この中村文昭さんの講演会を境に大きく飛躍しました「頼まれごとは、試されごと」今でこそあまり耳にしませんが、当時の私たちの間での「合言葉」になっていました。

2019年度は私の代表世話人としての最後の年度を考えています。

中村文昭さんのお話をもう一度聞くことで原点に立ち戻り、「組織は上る為にあるのではなく、ぶら下がるためにあるのでもなく、みんなで支えあうためにあるのだ」と言う、思いを胸に頑張ってまいりたいと思います。